きれいなおばさん【どんなケアをしている?】

「きれいなおねえさん」は当然です。
若々しい雰囲気とみずみずしくハリのある肌やつややかで豊かな髪という要素があるだけで、「おねえさん」はきれいなのです。

 

それに対して「おばさん」になると、雰囲気は若干変わり、
肌のみずみずしさやハリも失われ始め、髪も豊かさが薄れていきます。
こうなってくると開き直ってしまいそうです。

 

 

ところがきちんとこの世には「きれいなおばさん」も存在しているのです。
このような「きれいなおばさん」は若くはないけれど、どこか溌剌とした雰囲気に優雅さがあり、
みずみずしさとハリは薄れていても、しっとりした柔らかさのある肌と豊かさはなくなってもツヤは失われていない髪を維持しています。
つまり「きれいなおねえさん」の進化系です。

 

 

こうした「きれいなおばさん」は熟成された美しさと洗練された物腰でさらにきれいさを増して見せています。
少しばかり「きれい」なくらいの「おねえさん」では太刀打ちできない魅力があるわけです。
「若さで勝とう」という気持ちがまったくい余裕ゆえに「きれいなおばさん」の魅力は深いものだと言ってもいいでしょう。

 

 

どんなケアを「きれいなおばさん」がしているのか、といいますと、
今現在だけではなく、将来もきれいでいるために、食習慣や生活習慣で「きれい」を貯金している、というのは正解です。
余裕があるから将来のために「きれい」を貯金できていると考えてもいいですね。

 

 

単純に「若さ」だけでは「きれい」は続きません。「きれいなおばさん」がその証明ですよね。
彼女たちはすでに自分が肉体的に若くないことを自覚していますから、
自分から「若さ」を差し引いた際にどう「きれい」が残せるかを考えてケアをしているといってもいいでしょう。

 

 

だから本当に効果を実感できる化粧品しか使いません。

 

 

本当に効果を実感できる化粧品といえるのが、肌の土台から働きかけるビーグレンのエイジングケアシリーズです。
多くの「きれいなおばさん」はこれで自分の「きれい」を貯金し、今も将来も「きれい」を守るのです。